Goto-Kazuya.com

キャリア教育研究者(キャリアコンサルタント・産業カウンセラー)後藤和也 のブログです。 ・ビジネスパーソン向けのウェブメディア「シェアーズカフェ・オンライン」 ・人事担当者向けウェブメディア「@人事」 にて、記事を不定期配信しています(^.^) ※ブログでの発言等は個人の見解です。所属組織を代表するものではありません。

Goto-Kazuya.com イメージ画像

更新情報

人事担当者向けウェブメディア「@人事オンライン」に寄稿しました。以下のリンクからご笑覧ください「サザエさん」のブラック企業的描写を俯瞰的に見てみた件。>企業におけるパワハラ防止義務の法制化が進んでいるものの、依然として職場におけるハラスメントは根深い問題

昨今売り手市場と言われるようになった就職活動(就活)。しかし、内定を得るのは容易ではない。元採用担当者である筆者にも、学生からの面接指導の依頼が続いている。 学生と面接練習を繰り返す中で、彼らが就活を誤解していることに気が付いた。それは「就活では優秀な人
『大学生の陥る「優秀な人が採用される」という勘違い。 (後藤和也 大学教員/キャリアコンサルタント)』の画像

人事・総務担当者向けウェブメディア「@人事」の連載を更新しました。ご笑覧ください。大学教員・後藤かずやの「働きかた」研究室 Vol.3 台風直撃でも内定式は行うべき? ~元人事担当者の大学教員が「内定者のハートをつかむ方法」について考えてみた~

人事担当者向けウェブメディア「@人事オンライン」に寄稿しました。第1回目は、人事担当者のキャリアチェンジについて、自身の経験から考えてみました。以下リンクからご笑覧ください。【人事担当者のキャリアを考える】人事担当者から大学教員へ転身した件について。

経団連会長が、現行の採用選考に関する指針(就活ルール)を将来的に廃止する意向を示した。 経団連の中西宏明会長は3日の記者会見で、2021年春以降入社の学生の採用活動に関し、大企業が中心の会員各社を対象に面接の解禁時期などを定めた就職活動ルール(採用選考に関す
『「就活ルールが廃止されるとどーなるの?」と思ったときに読む話。 (後藤和也 大学教員、キャリアコンサルタント)』の画像

人材確保策の一環として、3歳未満の子を持つ男性社員全員に必ず1か月以上の育休を取得させるというニュースが報じられた。積水ハウスは26日、3歳未満の子どもがいる男性社員全員が1か月以上の育児休業を必ず取る制度を導入すると発表した。(中略)子育て支援に積極的な姿
『「男性社員は全員育休取得」は正しいのか? (後藤和也 大学教員/キャリアコンサルタント)』の画像

↑このページのトップヘ